外国生活・近況

カタルーニャのクリスマスは独特! Caga Tió カガティオ・Caganer カガネル 可愛いけど衝撃的で笑っちゃう。

カタルーニャ地方では、クリスマスシーズンにはポップなお顔の丸太人形 "カガティオ" Caga tióが現れます。
この人形、直訳すると うんちするオジサン、またはウンチする丸太💩
さらにクリスマスの飾りには、お尻をプリッと出してうんち💩する人形、"カガネル" Caganer が並びます。

サンタさんよりインパクトと存在感の強いこのカガティオCaga tíoとカガネルCaganer。
彼らはカタルーニャのクリスマスの象徴!
衝撃的で笑っちゃう、カタルーニャ地方独特のクリスマスを紹介します。

スペインのクリスマス期間は長〜い。

まず、カタルーニャ地方に限らず、スペインのクリスマスは長い!

11月末〜12月初旬から、街の各所にクリスマスイルミネーションが点灯。
そして色んな場所でクリスマスマーケットが始まり、もみの木やクリスマスの飾りなどが並びます。

12月8日の無原罪懐胎の日〈祝日)以降から、スペインの家庭ではBelénまたはPesebreと呼ばれる伝統的なクリスマスの飾りを用意します。
Belénはベツレヘムのことで、イエス・キリストが生まれたシーンを再現したもの。
スペインのクリスマスにはツリーと共にこのBelénが欠かせません。

クリスマスマーケットにはこのBelénのお人形やパーツを沢山売ってるのです。

Belénも、クリスマスツリーも、街のクリスマスイルミネーションも、年明けの1月6日まで飾ります。

1月6日はReyes Magos。
新約聖書に登場する東方の三賢人が、生まれたばかりのイエス・キリストに贈り物(金、乳香、没薬)を届けたとされる日。
この日はスペインの祝日で、例年であれば街中では(例年は)パレードがありとても賑やかな日です。

この1月6日は、子供たちがプレゼントをもらう日。
つまり12/25と1/6の2回もプレゼントをもらうんですって。
子どもたちにとって、ワクワクと心浮き立つ華やかな2週間なのです。

Belénの飾り

👇 これは2020年の、サグラダ・ファミリア教会前の小さなクリスマス・マーケット。

カガティオ:クリスマス時期に現れる丸太のおじさん。

さて、このPOPな丸太がカガティオ Caga tío
カタルーニャ地方独特のクリスマスの飾り、そして風習。

12月8日以降に、Belén やツリーの横とかにちょこんと現れる丸太人形です。
可愛いお顔、カタルーニャ地方の農夫の伝統的な赤い帽子をつけ、チェックのマントを着ています。

Caga Tio のCagaとは、動詞 Cagar「排泄する」という意味(笑)
tió はスペイン語だとオジサンですが、この場合丸太と訳して良いようです。

ちなみにカタルーニャの言語学者Joan Corominesによると、このcagarという動詞からの派生語は百以上存在するそうです。
そして cagar カガール「排泄する」に関連するカタルーニャ語の諺も沢山あるのです。
以下、少しご紹介します。

Qui mengi molt i cagui fore no ha de temer la mort
沢山食べていっぱいウンチする人は死を恐れる必要はない


Val més un bon cagar que un bon dinar
良い昼食より、気持ち良い排泄の方が価値がある


Ni pujar a cavall sense cagar, ni feina de força sense esmorçar
ウンチせずに馬に乗るな、朝食食べずにがむしゃらに働くな

どうですか。
ウンチすることが素晴らしくポジティブなことに思えてきませんか(笑)

さて、12月8日から飾られるカガティオ。
毎日おやつを供えられた上に、冷えないようにチェックのマントで暖かくしてもらったり、大事に大事にされるのです。

ところが!!
25日のクリスマスには、なんと子どもたちはカガティオを棒でぶっ叩きます。😂

その時、ぶっ叩きながら子どもたちが歌う歌があります。
色んなバージョンがあるそうですが、歌詞が面白い。

TRONC DE NADAL
クリスマスの丸太
CAGA, TIÓ
カガティオよ
NO CAGUIS ARENGADES
ニシンをウンチしちゃダメだよ
QUE SÓN SALADES
塩辛いからね
CAGA TORRONS
トゥロンをウンチしてね
QUE SÓN MOLT BONS
美味しいからさ


カガティオのマントの下には、大人達がプレゼントを隠してます。
つまり、沢山ご飯を食べてお腹いっぱいになったカガティオを棒を叩いて、ウンチさせる。
それが子供たちへのプレゼントなんですって(笑)

昔はトゥロンやマサパンといったスペインの伝統的なお菓子やおもちゃなどだったらしいです。
レーズンとかで蝿がたかってるように仕立ててるお菓子もあるそうですよ。
それを食べるんだーって思うと笑えちゃう。

時代の流れで、今はテレビゲームやら自転車やら、豪華なものをもらう子ども達もいるみたいです。

カガネル:有名になるとお尻プリンの人形になれる。

さて、前述したBelénには、生まれたばかりのイエス・キリスト、聖母マリアや聖ヨセフ、羊飼いや天使などの人形が飾られる聖なるシーン。
しかーしそこに混じって、Caganerカガネルというお尻をプリンと出してウンチ💩している人形も一緒に飾られますのです。

オリジナルのものは、カガティオと同じ赤い帽子をかぶった男性で、本来は羊飼いを表したものだそう。

いわく、生まれたばかりのイエス・キリストに会うためにやってきた羊飼いが道中にウンチしたくなり、同行のグループを離れて1人で用を足しに行ったとか。

「肥料を与えられた土」は、肥沃豊穣を意味し、縁起が良いと捉えられたそう。

この時期にカタラン人の家に遊びに行ったら、Belén の飾りの中にカガネル人形を探してみましょう。

カガネルは、毎年カテドラル(大聖堂)の前で行われるクリスマス・マーケット(Féria de Santa Lucia)にもドーンと飾られます。

カテドラルのクリスマスマーケットに飾られたカガネル

すごい存在感じゃないですか?
サンタはあんまり見ないのに…😂

そしてお面白いのが、その年有名になった人物がこのお尻プリンのカガネル人形になっちゃうこと。
ドラえもんや、イギリスのボリス・ジョンソン首相、果ては自由の女神まで、お尻プリンのブリブリ人形です💩(笑)

あなたも有名になってカガネル人形になってみませんか?

カガネル人形になったら有名人の仲間入りの証拠!

2016年のクリスマスはフランスのお友達のところで過ごしたんですが、お土産にこのカガネル人形を買っていきました。
渡したときの反応は、なんじゃこりゃー!って感じだったかな。
いや、もらう方も困りますよね...失礼😂

その時まだ1才だった彼女のツインズの子供ちゃん。
今はだいぶんカガネル人形気に入ってくれてて、あちこち持って回って色んなところで💩してるそうです(爆)

バルセロナに来た頃は
「なんだこの妙な人形たち!サンタさんはどこよ??」
「いつまで街中のイルミネーション点けてるの〜??「
と思ったものですが…

いまやこのカガティオ、カガネルを見ると
「あ、クリスマス何食べよっかなー」
と思うようになりました。

そのうち、私も歌を暗記してカガティオをバシバシと叩くようになるかもしれません(笑)

さあ、では今年も長ーいクリスマス期間を楽しむとします。

それではまた!Hasta pronto〜👋

Nana



読者登録はこちらからどうぞ😃👇

https://nanaenbarcelona.com/%e7%99%bb%e9%8c%b2%e3%83%bb%e7%99%bb%e9%8c%b2%e8%a7%a3%e9%99%a4/

カタルーニャ語?スペイン語じゃないの?方言?言語?とハテナマークの方はこちらもどうぞ😉⬇

カテドラル(大聖堂)のBelén。右方には東方の三賢人(Reyes Magos)がお辞儀しています。
カテドラルには羊飼いと思しき男性の人形が。Caganerのモデルになった羊飼いかも?

-外国生活・近況
-, , , , ,

© 2022 Nana en Barcelona スペイン・地中海生活 バルセロナで生きる Powered by AFFINGER5